ニキビ肌の簡単なケアの仕方

| トラックバック(0)

ニキビは誰もが思春期もしくは、それ以降も気にするものだと思います。街中や友達にも少しでも肌が汚い子いますよね。僕も思春期はそう思われていたかもしれせん。よくニキビを潰して顔面血だらけになったました。しかし今はそうではありません。それまでは全くと言っていいほど肌の手入れをしていませんでしたが、気にするようになりちゃんと手入れをしたら(自分的にはある程度)綺麗になりました。

それも難しことではありません。まずは毎晩洗顔フォームで洗うことから始めました。顔を濡らしれてネットで泡を立て顔を洗うだけです。しかしゴシゴシ洗ってはいけません。指と顔の肌が触れるか触れないかぐらいで十分です。あまりゴシゴシ洗うと肌が傷ついて逆に肌が傷ついてしまします。洗い終わったら十分にぬるま湯で流してください。

必ず泡が残らないようにしてください。残っててもそこから菌が繁殖してしまいます。洗い終わったら冷たい水に顔を10秒くらいつけます。そうすると開いていた毛穴がしまります。

お風呂から出たら綺麗なタオルで拭き、化粧水などでケアをします。必ず自分の肌にあったものを使ってくだい。値段の高いものが全ての人に合うわけではありません。いくつか買ってきて自分に合うものを使い続けるといいでしょう。また顔の洗い過ぎはよくありません。肌に必要な油までも落としてしまいます。1日1回。多くて2回で十分でしょう。

年齢を重ねると皮脂の分泌量は減ります

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、whiteが2019年6月19日 00:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「育毛のために大切な基本的なヘアケア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31